内密出産「知られたくない」権利、当事者なのに蚊帳の外 背景に「女性は出産=母になる」民法の壁も

2022/07/02 11:00

 女性の妊娠・出産を知られたくない権利が脅かされている。熊本市の慈恵病院が独自に受け入れている「内密出産」をめぐり、自治体が社会調査を実施したことで、母親の身元情報にたどり着く可能性がある。内密出産の当事者であるはずの女性の権利は、なぜ軽視されるのか。AERA 2022年7月4日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 内密出産で露呈したあまりにも軽い女性の「知られたくない権利」

    内密出産で露呈したあまりにも軽い女性の「知られたくない権利」

    AERA

    7/1

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    AERA

    6/23

  • 虐待を受けた未成年、子を守るため「1人で産んだ」 「予期せぬ妊娠」で孤立出産を減らす「内密出産」の必要性

    虐待を受けた未成年、子を守るため「1人で産んだ」 「予期せぬ妊娠」で孤立出産を減らす「内密出産」の必要性

    AERA

    9/25

    赤ちゃんポストの真実

    赤ちゃんポストの真実

    週刊朝日

    11/19

  • 新生児遺棄の疑いで女子高生を逮捕 人工妊娠中絶“禁止”の州法 女のリスクはなぜ減らない
    筆者の顔写真

    北原みのり

    新生児遺棄の疑いで女子高生を逮捕 人工妊娠中絶“禁止”の州法 女のリスクはなぜ減らない

    dot.

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す