チュニジアに惨敗のサッカー日本代表 強化試合は監督の「テストの場」としての役割も

W杯

2022/06/21 08:00

 サッカー日本代表は6月の強化試合で2勝2敗。最終戦のチュニジア戦では完敗した。 11月開幕のワールドカップに向けて、強化試合はどんな意味を持っていたのか。AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 強化試合4戦を戦ったサッカー日本代表 収穫は「ビルドアップする戦い方」への自信

    強化試合4戦を戦ったサッカー日本代表 収穫は「ビルドアップする戦い方」への自信

    AERA

    6/23

    三笘が吐露した代表の課題「(攻撃の)狙いの細かさが足りてない」

    三笘が吐露した代表の課題「(攻撃の)狙いの細かさが足りてない」

    週刊朝日

    6/16

  • サッカー日本代表豪州戦勝利 森保監督はそれでも解任すべきか…“甘さ”が致命傷に?

    サッカー日本代表豪州戦勝利 森保監督はそれでも解任すべきか…“甘さ”が致命傷に?

    dot.

    10/11

    サッカー日本代表がまさかの黒星スタート「森保監督のままでは最終予選敗退」の指摘

    サッカー日本代表がまさかの黒星スタート「森保監督のままでは最終予選敗退」の指摘

    dot.

    9/3

  • サッカー日本代表GKは権田のまま? W杯イヤーに“新守護神”誕生はあるのか

    サッカー日本代表GKは権田のまま? W杯イヤーに“新守護神”誕生はあるのか

    dot.

    1/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す