アメリカに「大退職時代」到来 原因はコロナ疲れと仕事への価値観変化?

2022/03/21 08:00

 米国で人手不足が深刻化している。解雇ではなく自らの意思で仕事を辞める人たちが増えているためで、昨年は4740万人もの人が離職した。そんな「大退職時代」は、ポストコロナの潮流になるのか──。AERA2022年3月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 退職者「アルムナイ」と交流する企業が増加 目指すは「終身信頼」関係

    退職者「アルムナイ」と交流する企業が増加 目指すは「終身信頼」関係

    週刊朝日

    1/12

    来る客は転売屋ばかり…コロナ感染リスク負う家電量販店員「疑問感じる」

    来る客は転売屋ばかり…コロナ感染リスク負う家電量販店員「疑問感じる」

    AERA

    4/28

  • コロナ禍だけで在宅勤務「生産性下がる」は早計 平時には「効率向上」「退職率半減」に成果

    コロナ禍だけで在宅勤務「生産性下がる」は早計 平時には「効率向上」「退職率半減」に成果

    AERA

    7/29

    コロナで解雇・雇い止め2万人超え 一方“戻り相場”で資産形成する人も

    コロナで解雇・雇い止め2万人超え 一方“戻り相場”で資産形成する人も

    週刊朝日

    6/20

  • 転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

    転職市場はすでに活性化 コロナで変わった仕事選びの“新基準”

    週刊朝日

    8/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す