「漫画こそ時代を映す鏡」 “伝説の編集者”鳥嶋和彦が語る大ヒット作の条件とは

2021/12/01 11:30

 漫画作品が大ヒットし社会現象まで起こるときの条件とは何だろうか。『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』などを担当した、伝説の漫画編集者、鳥嶋和彦さんがAERA 2021年12月6日号で語った。

あわせて読みたい

  • 鳥嶋和彦「鬼滅は第1話の作りが非常にうまい」 無邪気な夢より「誰かのため」が現代人のリアリティー

    鳥嶋和彦「鬼滅は第1話の作りが非常にうまい」 無邪気な夢より「誰かのため」が現代人のリアリティー

    AERA

    12/2

    伝説の編集者・鳥嶋和彦がみた“手塚治虫”と“ちばてつや”最大の違い

    伝説の編集者・鳥嶋和彦がみた“手塚治虫”と“ちばてつや”最大の違い

    dot.

    9/20

  • 鳥山明を見いだした鳥嶋和彦が語る 信頼される編集者って?

    鳥山明を見いだした鳥嶋和彦が語る 信頼される編集者って?

    dot.

    9/20

    創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治」

    創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治」

    dot.

    2/17

  • 声優の花江夏樹さんが11月29日発売のAERA表紙に登場!竈門炭治郎の「無意識領域」を思わせるセットで蜷川実花が撮影

    声優の花江夏樹さんが11月29日発売のAERA表紙に登場!竈門炭治郎の「無意識領域」を思わせるセットで蜷川実花が撮影

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す