“住まいは人権” 生活困窮者への居住支援に取り組む 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事・稲葉剛

AERA「現代の肖像」

2021/11/12 18:00

 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、稲葉剛。学生時代から、稲葉剛は平和運動をはじめとして、路上生活者や生活に困った人への支援活動をしてきた。新宿ダンボール村の火事をきっかけに、路上から脱出して、安心して暮らせる住まいを確保することが大事だと考え方を変えていく。「住まいは人権」であると、低所得者への居住支援にも力を入れる。誰もが人間らしく生きられるように、仲間と共に走り続ける。

あわせて読みたい

  • 野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性

    野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性

    AERA

    2/2

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    AERA

    10/18

  • 生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    生活保護の申請「扶養照会」がハードルに DV加害者の元夫に連絡、身の危険を感じたメール

    AERA

    3/21

    「貧困ビジネス」施設が“終のすみか”に…アパートの老朽化から始まる転落人生

    「貧困ビジネス」施設が“終のすみか”に…アパートの老朽化から始まる転落人生

    dot.

    5/5

  • 「私も人間なんです」コロナ禍のもと届くSOS “自己責任”に追い詰められる人たち 

    「私も人間なんです」コロナ禍のもと届くSOS “自己責任”に追い詰められる人たち 

    dot.

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す