藤井聡太の“おやつ”が叡王戦後に不二家ほぼ全店で完売 実は持ち込みもOK 棋士のおやつ事情に迫る

藤井聡太

2021/10/08 11:30

藤井聡太三冠は10月8日から第34期竜王戦七番勝負に挑戦(c)朝日新聞社
藤井聡太三冠は10月8日から第34期竜王戦七番勝負に挑戦(c)朝日新聞社

 藤井聡太が史上最年少三冠を決めた叡王戦で注文したおやつが大人気だ。将棋のタイトル戦で、棋士はなぜおやつを食べるのか。どんな効果があるのか。AERA 2021年10月11日号で取材した。

【写真】かわいすぎる!藤井聡太が食べた「コロコロしばちゃん」はこちら

*  *  *

 今年9月中旬、不二家のとあるスイーツが各店舗から一斉に姿を消した。その名も「コロコロしばちゃん」。2006年に発売された「コロコロくまさん」のお友だちとして、「コロコロと転げまわるかわいいシバイヌをイメージして開発した」(同社広報室)という、同社の新商品だ。 

 人気爆発の発端は、9月13日におこなわれた将棋の第6期叡王戦五番勝負の第5局。この日、史上最年少三冠となった藤井聡太さん(19)が、午前10時のおやつとして食べたのがコロコロしばちゃんだった。 

■叡王戦後は完売の店も 

「シバイヌのふさふさした毛並みをくだいたスポンジで表現した」(同)という目にも楽しいカップケーキで、叡王戦以降は不二家のほぼ全店で閉店時には完売する大ヒットに。2週間以上が経った9月末でも、売り切れる店舗があるほどだという。 

 この叡王戦の主催者でもある不二家の叡王戦特設サイトを見ると、藤井さんが期間中におやつとして食べたのはコロコロしばちゃんのほか、「プレミアムショートケーキ(国産苺)」(第2局午前ほか)、「熊本県産和栗のプリンショート」(第4局午前)、「プレミアム生ミルキー」(第4局午後)などなど。 

「午前10時と午後3時のおやつに5、6品ほどの商品を不二家がピックアップしており、その中から(棋士に)選んでいただいております」(同)という。 

 そして注目のタイトル戦があると、必ずといっていいほど報道される棋士たちのおやつ。藤井さんの場合は今年6月にも、名古屋市でおこなわれた第62期王位戦第1局で注文した「ぴよりんアイス」が話題に。名古屋駅などで購入できる名物スイーツ「ぴよりん」の期間限定商品で、まん丸目玉のキュートな黄色いひよこを、ネットのあちこちで目にしたばかりだ。 

 こうしたタイトル戦のおやつは午後3時のいわゆるおやつとして、また時間が迫った対局終盤の栄養補給などのために「昔からの慣習」(日本将棋連盟)で提供されてきたものだという。 

1 2

あわせて読みたい

  • 叡王初防衛を達成しても謙虚な藤井聡太 番勝負13連勝で大山康晴の連勝記録まであと4勝

    叡王初防衛を達成しても謙虚な藤井聡太 番勝負13連勝で大山康晴の連勝記録まであと4勝

    AERA

    6/1

    史上最年少五冠にチャレンジ決定 四冠を達成したばかりの藤井聡太 渡辺明王将と対決へ

    史上最年少五冠にチャレンジ決定 四冠を達成したばかりの藤井聡太 渡辺明王将と対決へ

    AERA

    11/20

  • 将棋界「藤井時代」幕開け? 一時代築いた谷川浩司九段が示した“第一人者の条件”は

    将棋界「藤井時代」幕開け? 一時代築いた谷川浩司九段が示した“第一人者の条件”は

    AERA

    9/30

    藤井聡太の30連勝を弟子が阻止 石田和雄九段は「将棋界の名伯楽」

    藤井聡太の30連勝を弟子が阻止 石田和雄九段は「将棋界の名伯楽」

    AERA

    12/26

  • 藤井聡太王位、強豪棋士も「思考が追いつかない」 妙手“桂跳ね”で最年少三冠を達成

    藤井聡太王位、強豪棋士も「思考が追いつかない」 妙手“桂跳ね”で最年少三冠を達成

    AERA

    9/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す