武器弾薬を補給し、ここから戦地へ…広島市で“軍事都市”としての顔がみえる遺構発見 市民が保存に動き出す

2021/08/05 17:00

 原爆が投下された広島市には、いまも多くの被爆遺構が残る。平和都市としての面だけでなく、軍事都市としての顔もあらわにする。戦争の記憶をどう後世に伝えるか。市民の努力が続く。AERA 2021年8月9日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 圧倒的存在感も…耐震化に84億円 歴史を伝える広島の旧日本陸軍施設が抱える課題

    圧倒的存在感も…耐震化に84億円 歴史を伝える広島の旧日本陸軍施設が抱える課題

    AERA

    4/5

    「壊してしまう恐ろしさ考えて」 「この世界の片隅に」監督も声を上げた広島・赤レンガ倉庫問題

    「壊してしまう恐ろしさ考えて」 「この世界の片隅に」監督も声を上げた広島・赤レンガ倉庫問題

    AERA

    4/5

  • 日本の平和運動をリードした吉田嘉清さんが死去

    日本の平和運動をリードした吉田嘉清さんが死去

    週刊朝日

    3/26

    わずかに残る長崎の“被爆遺構” 今なお原爆の惨禍伝える

    わずかに残る長崎の“被爆遺構” 今なお原爆の惨禍伝える

    週刊朝日

    8/9

  • 「反核のために」戦後平和運動のヒーロー、吉田嘉清さん逝く

    「反核のために」戦後平和運動のヒーロー、吉田嘉清さん逝く

    週刊朝日

    4/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す