「また授かるよ」も苦しい 悪気ない言葉で傷つくことも 南明奈さん、濱口優さん夫妻が死産を公表 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「また授かるよ」も苦しい 悪気ない言葉で傷つくことも 南明奈さん、濱口優さん夫妻が死産を公表

深澤友紀AERA
写真はイメージです(Sunil Ghosh/Hindustan Times via gettyimages)

写真はイメージです(Sunil Ghosh/Hindustan Times via gettyimages)

 産声も聞けないのに、陣痛を起こして亡くなった赤ちゃんを産む。 壮絶な死産を経験した家族が悪気のない励ましでさらに傷つくことも少なくない。AERA 2021年6月21日号は当事者や専門家に死産直後の心身の状況について聞き、赤ちゃんを失った家族を傷つける言葉を掲載している。

*  *  *
 4月に妊娠を公表していたタレントの南明奈さん(32)が8日、死産したことを公表した。自身のインスタグラムに、夫でお笑いコンビ「よゐこ」の濱口優さん(49)と連名で、「ご報告がございます。私達夫婦に授かった命は、空へと戻りました。約7ヶ月という時間でしたが、私達家族は幸せでした。皆様から頂いた祝福の言葉が子どもの生きた証です」などと記した。

■善意の暴力でいっぱい

 インスタグラムには公表から1日余り経った9日夜までに約7500件のコメントが書き込まれた。どれも南さんの悲しみに寄り添い、励まそうとする内容に見えるが、5年前に妊娠7カ月で死産した東京都内の女性(42)は「善意の暴力でいっぱいで見ていられない」という。

「『忘れ物を取りに戻っただけ』『また授かるよ』『前を向いてね』とか、私も周囲から言われ、ナイフのように心に突き刺さりました。なぜお空に帰ったのか、あの子の気持ちを知りたくて苦しんでいるのに勝手に代弁されて嫌だったし、次の子の話は亡くなった子が無視されているようでつらかった。心身に大きなダメージを受けているということをもっと想像してほしい」

 死産とは妊娠12週(4カ月)以後に、おなかの中で亡くなった赤ちゃんを出産することだ。南さんがどのようなお産だったかはわからないが、現在も多くの死産は人工的に陣痛を起こして産む。産声を聞くことができないのに、痛みと悲しみに耐えながら出産し、産後の体が回復しないまま葬儀の手配や役所への死産届の提出など手続きに追われ、火葬場で小さな骨になったわが子を拾う。確かに命は存在したのに、戸籍にも残らない。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい