「また授かるよ」も苦しい 悪気ない言葉で傷つくことも 南明奈さん、濱口優さん夫妻が死産を公表

2021/06/12 11:05

 産声も聞けないのに、陣痛を起こして亡くなった赤ちゃんを産む。 壮絶な死産を経験した家族が悪気のない励ましでさらに傷つくことも少なくない。AERA 2021年6月21日号は当事者や専門家に死産直後の心身の状況について聞き、赤ちゃんを失った家族を傷つける言葉を掲載している。

あわせて読みたい

  • 「傷つけられるのが怖い…」赤ちゃんを失った家族の声 死産の実態への反響とは?

    「傷つけられるのが怖い…」赤ちゃんを失った家族の声 死産の実態への反響とは?

    AERA

    7/12

    赤ちゃんの死「タブー視」よりも支援が必要 日本に啓発週間を広めたい

    赤ちゃんの死「タブー視」よりも支援が必要 日本に啓発週間を広めたい

    AERA

    10/9

  • 亡くなった子を激痛に耐えて出産…“レインボーベビー”授かっても癒えない母親の傷

    亡くなった子を激痛に耐えて出産…“レインボーベビー”授かっても癒えない母親の傷

    AERA

    10/14

    亡くなった我が子と旅行に…悲しみをほぐしてくれたある人たちの行動

    亡くなった我が子と旅行に…悲しみをほぐしてくれたある人たちの行動

    AERA

    5/7

  • 我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    AERA

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す