立憲民主の「心変わり」で急展開した国民投票法改正案 「国体マター」の修正案を与党側が丸のみ

2021/06/09 07:00

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案がまもなく成立する。この成立をめぐっては、これまで反対の立場をとっていた立憲民主党の動きが大きく影響している。AERA 2021年6月14日号で、その裏にある思惑に迫った。

あわせて読みたい

  • 国民投票法の改正案は「よく知らないけど反対」という人も 7項目からわかる護憲派の主張の“無理”

    国民投票法の改正案は「よく知らないけど反対」という人も 7項目からわかる護憲派の主張の“無理”

    AERA

    6/10

    安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    安倍首相の改憲発言連発に与党内から苦言「自重された方がいい」 船田元・改憲本部長代行

    dot.

    9/14

  • 公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    公明・遠山議員が改憲案を自民と調整しない理由を独白「国民投票否決は政治的な影響が出る」

    dot.

    9/30

    暴走・安倍政権 憲法改正への布石「18歳選挙権」

    暴走・安倍政権 憲法改正への布石「18歳選挙権」

    週刊朝日

    5/21

  • 総選挙後の自民議席「現状維持」に暗雲か? 解散前に審議相次ぐ保守性の強い法案

    総選挙後の自民議席「現状維持」に暗雲か? 解散前に審議相次ぐ保守性の強い法案

    AERA

    5/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す