羽生結弦、震災10年での世界選手権「何か心が動くきっかけになれば」 試合前の会見全文公開 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦、震災10年での世界選手権「何か心が動くきっかけになれば」 試合前の会見全文公開

フリーで崩れて総合3位。「点数ほど大きなミスではなかった」と語った (c)朝日新聞社

フリーで崩れて総合3位。「点数ほど大きなミスではなかった」と語った (c)朝日新聞社

 フィギュア世界選手権で世界中から視線を集めた羽生結弦。その試合前には何を思い、何を語ったのか。試合前の会見コメント全文を掲載した、AERA 2021年4月12日号の記事を紹介する。

【フォトギャラリー】羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェンの写真はこちら

*  *  *
【2021.3.22 試合前】

――全てが特別だったシーズン。その最終決戦の直前です。

何か、わりと淡々としてるというか。出るまで、自分自身、いろいろ思うことはあったんですけれども、でも、ここの現地に来て、滑るからには、やっぱり、何かしら意味のあるものにしたいなとは思います。

――まずサブリンクで練習でしたけど、ジャンプの感触などは?

来るときに実は地震があって、出ようとした、出ようとする直前に地震があって、本来新幹線で来る予定だったんですけど、新幹線が使えなくなったりとかして、まあ飛行機に変えたりとかちょっと大変でした。

なので、練習プランとしては、ちょっとズレてるかなとは思うんですけど、でも、まあこちらの氷とも、しっかり対話できたと思いますし、いい感覚で、最後、終われたかなあと思ってます。

――後半のほうが4回転、だいぶ上がってきた印象でした。

最初ちょっと、まあ気合入りすぎというか、まあいつもの空回りみたいなものが一瞬あったんで、それからまあ自分のことをいろいろコントロールしながら、もちろん今回ブライアンもトレーシーもいるので、しっかり話、聞きながら、自分のペースも守りながらやれたと思います。

――コーチ陣とは久しぶりでしたが、どのような話を?

いや、特に何か、久しぶりだから何かの話だっていうことはなく、まあ淡々と自分のことをやってますし。あと、そうですね、「今日何する?」とか、「明日の練習こうしよう」とか、そういう話をしました。

――コーチ陣がいると違う?

まあいろいろ自分でやらなきゃいけないことが、全日本のときにはあったので、やっぱり、そばでしっかりサポートしてくれる人がいるっていうのは、すごいありがたいです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい