Z世代がミャンマー国軍にSNSで抵抗 日本での心ない批判に「どうかこれ以上傷つけないで」の声も

2021/03/28 11:30

 国軍のクーデター後、戒厳令が発令され、緊迫の度が深まるミャンマー。現地人権団体によると、治安部隊の発砲などで25日までに計320人が殺害された。27日だけで100人以上殺害された、との報道もある。SNSを通じて価値観を共有するZ世代が国境を超え、抵抗運動を支えている。AERA 2021年3月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 軍が夜中にデモ隊狩り、ゴム弾が直撃…「それでも取材を続ける」ミャンマー現地記者の思い

    軍が夜中にデモ隊狩り、ゴム弾が直撃…「それでも取材を続ける」ミャンマー現地記者の思い

    週刊朝日

    3/14

    FBで拡散するロヒンギャへの憎悪 日本との共通点を指摘する声も

    FBで拡散するロヒンギャへの憎悪 日本との共通点を指摘する声も

    AERA

    11/14

  • 内戦状態のミャンマーの辺境からぽっと連絡が入る 国民のSNSと国軍の銃との闘い
    筆者の顔写真

    下川裕治

    内戦状態のミャンマーの辺境からぽっと連絡が入る 国民のSNSと国軍の銃との闘い

    dot.

    2/18

    ミャンマーで拘束された久保田徹さんの友人たちが会見 赤木雅子さんも「尊敬できる人です」と話す

    ミャンマーで拘束された久保田徹さんの友人たちが会見 赤木雅子さんも「尊敬できる人です」と話す

    AERA

    8/3

  • ミャンマー「クーデター」は必然だった 新憲法とロヒンギャ問題から読み解く

    ミャンマー「クーデター」は必然だった 新憲法とロヒンギャ問題から読み解く

    AERA

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す