「恋つづ」「おっさんずラブ」……ヒットドラマの劇伴を手がける河野伸が音楽家として人気を集める理由 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「恋つづ」「おっさんずラブ」……ヒットドラマの劇伴を手がける河野伸が音楽家として人気を集める理由

連載「岡村詩野の音楽日和」

岡村詩野AERA
『恋はつづくよどこまでも』オリジナルサウンドトラック (写真提供:株式会社日音)

『恋はつづくよどこまでも』オリジナルサウンドトラック (写真提供:株式会社日音)

『天使にリクエストを』オリジナルサウンドトラック(写真提供:アイデアルミュージック)

『天使にリクエストを』オリジナルサウンドトラック(写真提供:アイデアルミュージック)

河野伸さん(本人提供)

河野伸さん(本人提供)

 映画やテレビドラマに欠かせない劇伴という仕事。その作品に合い、場面ごとに付随する音楽の制作は、ミュージシャン・作曲家の仕事の中でも、CMソングと並んでさまざまなことに気を配る、縁の下の力持ち的な要職と言っていい。現在の劇伴を多数手がける音楽家の一人が、河野伸(こうの・しん)だ。「ヒット作の陰にこの人あり」と言える希代の人気作曲家である。

【この記事の写真をもっと見る】

 「おっさんずラブ」シリーズ、「恋はつづくよどこまでも」、「大恋愛~僕を忘れる君と」、そして現在放送中の「知ってるワイフ」「俺の家の話」……。河野はここ2、3年の間に話題を集めた人気ドラマの多くを担当している。メディアにほとんど登場しないので、顔まではほとんど知られていないが、冒頭もしくはエンドロールで流れるクレジットで河野の名前に見覚えのある人は多いはずだ。

 そのキャリアは長い。作曲、編曲、そして自身もキーボード奏者として活躍する河野は1964年生まれの東京都出身。幼少時からピアノを習い、高校でバンド活動を経験。大学時代には劇団四季の公演でキーボードを担当したこともあったという。大学卒業後にプロのミュージシャンとして活動を開始。90年からは長きにわたり森高千里のサポートを務め、曲提供も少なくなかった。

 河野が作曲した森高ソングの中では、99年春にリリースされたシングル「私のように」が秀逸だ。“自分のことを平凡だなと時々思うことがある…”という一節に始まる森高自身の本音がつづられた歌詞と、当時人気だったメアリー・J・ブライジやローリン・ヒルといったブラック・ミュージック・アーティストの作品にも通じるようなヒップホップ・ソウル調の曲とのコンビネーションが鮮やかな1曲だ。河野はその時の森高の成熟ぶりを躍動的なリズムと彩り豊かなアレンジで描いてみせた(しかも、ここでのエレキギターはコーネル・デュプリーだという)。結婚直前の充実した森高を伝える代表曲と言っていい。

 90年代は他にもモーニング娘。などハロプロ周辺から、ピチカート・ファイヴやCOSA NOSTRAまで、さまざまな現場でレコーディングや作曲、アレンジに関わったが、90年代の河野の活動で重要なのは、菊地成孔、原みどり(ハラミドリ)と組んだSPANK HAPPYだろう。ソングライティングのクレジットはバンド名義だが、92~97年にかけての約5年間、作曲、編曲、プロデュース、アレンジ、鍵盤演奏、コーラスなどマルチに関わることができる河野のミュージシャンシップの高さが発揮された。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい