日本でも暗躍する韓国情報機関 訪日中の金大中氏拉致事件、日本の新聞社のメールをハッキングも

2021/01/26 07:02

 韓国の情報機関・KCIAが朴正熙(パクチョンヒ)大統領を暗殺した事件を描いた映画が、日本でも公開された。実際のところ、KCIAやその後身である国家安全企画部、国家情報院は、現在に至るまで、日本を舞台に情報・工作活動を続けてきた。AERA 2021年2月1日号では、日本で暗躍するKCIAの姿に迫った。

あわせて読みたい

  • 韓国情報機関“KCIA”が仕掛けるハニートラップ 小泉元首相の女性関係探ったことも

    韓国情報機関“KCIA”が仕掛けるハニートラップ 小泉元首相の女性関係探ったことも

    AERA

    1/26

    異母兄を殺害した金正恩 次に怖いのは…

    異母兄を殺害した金正恩 次に怖いのは…

    AERA

    2/20

  • ソウル発 金正男の殺害動機は韓国亡命 朴大統領のメッセンジャー?

    ソウル発 金正男の殺害動機は韓国亡命 朴大統領のメッセンジャー?

    週刊朝日

    2/22

    「金大中拉致事件」に関与した吉田茂が創設した自衛隊「影の部隊」とは?

    「金大中拉致事件」に関与した吉田茂が創設した自衛隊「影の部隊」とは?

    週刊朝日

    8/13

  • 「反抗者は逃がさない」と金正男氏暗殺で示した北朝鮮 実行犯が“口封じ”されない背景に日本の拉致問題も

    「反抗者は逃がさない」と金正男氏暗殺で示した北朝鮮 実行犯が“口封じ”されない背景に日本の拉致問題も

    AERA

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す