お酒か読書か? 多くの人が両立に悩む「飲んだら読めない問題」を解消する三つの方策を紹介 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お酒か読書か? 多くの人が両立に悩む「飲んだら読めない問題」を解消する三つの方策を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
小長光哲郎AERA#お酒#読書
お酒と読書、両立出来ますか。アエラ編集部で聞いたところ大半が「できない」との答え。編集長も両立に悩んでいるそうです(撮影/写真部・加藤夏子)

お酒と読書、両立出来ますか。アエラ編集部で聞いたところ大半が「できない」との答え。編集長も両立に悩んでいるそうです(撮影/写真部・加藤夏子)

 仕事が終わり、自宅でゆったりと過ごす時間。好きな酒を飲みながら本……が読めない、という人はいませんか。飲酒と読書を両立し、人生を豊かにする方法を探りました。AERA 2021年1月11日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
「何とか両立できないのかな」

 ビールの空き缶が転がるテーブルの上に「積読」された本。酔うことは至福だが、読みたい本も山ほど。手を伸ばして読んでみる。だめだ、頭に入らない。

 ビール党の筆者はほぼ毎晩、飲む。つまみを食べながら、350ミリ缶を3、4本。締めのご飯ものや麺類も必ずとる。しかし私の場合、お酒を少しでも飲むと、文字が追えない。飲んだ後も酔いが抜けるまでの数時間、読めない。つまり1日の4分の1ほどは「起きてるのに読めない」時間なのだ。

 作家の佐藤優さんは50代を迎えたとき、人生の残り時間で読める本を考え、お酒をやめる決断をしたと著書で書いている。すごくわかる。しかし、それも何だか悔しい。他の酒飲みたちはどうしているのか。悪あがきしてみたくて、取材を始めた。

「お酒を飲みながら本を読むのは無理、が私の結論です」

 いきなり身も蓋もない話をしてくれたのは、フォークシンガーで翻訳家としても知られる中川五郎さん(71)だ。

 中川さんは30代の頃から、後に自ら翻訳を手掛ける米国の作家チャールズ・ブコウスキーに影響を受け、グラスを傾けながら読んだり、酒を浴びるように飲みつつ文章を書いたりする「飲んだくれ作家」のスタイルに強い憧れがあった。しかし、何度試してもうまくいかない。

 もともと酒に強く、飲むピッチも速い。ワインならグラス3杯目くらいから、お酒だけにどうしても心を奪われてしまう。

「シンガーとして、ステージで自分の中にある物を外に出す場合は、お酒がプラスに働くこともある。でも読書など自分の中に大事なものを取り入れていく作業は、お酒が入るとまったくだめなことに気づいたんです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい