体温から考える「絶対に寝てはいけない時間帯」そして「体のピーク」と「脳のピーク」とは?

2020/11/20 08:02

 体温は1日のうちでも1~1.5度も変動している。体を動かすときには体温が高いほうが活発に動けるし、反対に、休息するときには低いほうがいい。このリズムを知り、整えることで、集中力や睡眠の質が大きく変わることがわかっている。AERA 2020年11月23日号は「体温マネジメント」を特集した。

あわせて読みたい

  • 女性が冷え性かどうかは「毛深さ」でわかる?

    女性が冷え性かどうかは「毛深さ」でわかる?

    週刊朝日

    1/29

    太りにくい睡眠時間は◯時間! 長すぎても短すぎてもNG

    太りにくい睡眠時間は◯時間! 長すぎても短すぎてもNG

    AERA

    7/12

  • 長時間労働よりコワイ!過労死招くのは、こんな眠り方

    長時間労働よりコワイ!過労死招くのは、こんな眠り方

    AERA

    11/17

    8時間睡眠に根拠なし! 正しい“大人の眠り”とは?

    8時間睡眠に根拠なし! 正しい“大人の眠り”とは?

    週刊朝日

    11/8

  • 1日で1~1.5度も変動する「体温リズム」が睡眠・集中力に影響 うつの人は体温のメリハリなく休息モードに入れない

    1日で1~1.5度も変動する「体温リズム」が睡眠・集中力に影響 うつの人は体温のメリハリなく休息モードに入れない

    AERA

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す