トランプ米大統領「前例ないコロナ治療」で強行退院 「司令塔でクラスター」の異常事態

2020/10/13 08:00

 トランプ米大統領は新型コロナに感染するも早期に退院を果たした。だが、専門家は命を顧みない判断であり、感染を周囲に広げるリスクがある退院だと懸念する。AERA 2020年10月19日号で掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 「コロナ治療薬」はどうなっている? 有望視される4つの候補とは

    「コロナ治療薬」はどうなっている? 有望視される4つの候補とは

    週刊朝日

    5/4

    「レムデシビル」以外にコロナ治療に有効なのは? 米国の承認済み治療薬・療法を解説

    「レムデシビル」以外にコロナ治療に有効なのは? 米国の承認済み治療薬・療法を解説

    AERA

    12/10

  • 菅首相のコロナ自宅療養の問題点「新薬抗体カクテル療法を生かせる状況整っていない」専門医が語る医療現場

    菅首相のコロナ自宅療養の問題点「新薬抗体カクテル療法を生かせる状況整っていない」専門医が語る医療現場

    dot.

    8/4

    自宅療養「インスタント食品のみ」備蓄の落とし穴 「飽き」「食べ慣れない」苦痛も

    自宅療養「インスタント食品のみ」備蓄の落とし穴 「飽き」「食べ慣れない」苦痛も

    AERA

    9/18

  • コロナ治療第2の薬 ステロイド剤「デキサメタゾン」の効果と注意点 

    コロナ治療第2の薬 ステロイド剤「デキサメタゾン」の効果と注意点 

    AERA

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す