ものづくりは「評価」より「没頭」を大切に しいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ものづくりは「評価」より「没頭」を大切に しいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
占師、作家 しいたけ.

占師、作家 しいたけ.

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

【絵でわかる】しいたけ.流“タイプ別トラブル回避法”

*  *  *
Q:興味があることが多すぎて何事も中途半端です。一つくらいがっつり完成させたいと思っていますが、どうしたらいいでしょうか。ネイルを再開したいけど目が悪くなってきてます。人形などを作って売りたいけど、いまいち納得できません。などなど……。ありすぎて書ききれません。(女性/アルバイト/43歳/ふたご座)

A:趣味でもプロでも、ものを作る人や表現をすることには、ラインが二つある気がします。一つ目のラインが「没頭・納得」のライン。ものづくりに集中してそれに触れている時間が幸せで、気づけば数時間経っちゃった、っていう。もう一つが「評価・発表」のライン。二つともものづくりには大事なんですが、今の時代、二つ目の「評価・発表」が重視されすぎじゃないかと思うんです。絵を描く人がツイッターにあげて、いいねがあんまりつかないと落ち込む。そういう話はよく聞くし、相談も結構多いです。

 ものづくりをする人が中途半端じゃなくやりたいと思ったら、やっぱり前者の「没頭」のラインを大事にしたほうがいい気がします。

 具体的にどうするべきか。僕の意見ですけど、始めてから半年ぐらいは他の人の作品を見ない。自分が今レベル5だとして、レベル10の人の作品を見てしまうと、よっぽど根性が据わっていない限り気落ちします。それよりもでき上がった自分の作品を何回も見て、例えばここの輪郭の描き方はうまくなる可能性があるなって、自分の作品だけに打ち込む。どう膨らませるか、どう削るか、自分の作品を見つめる時間に、楽しさや幸せがあるはずです。評価を焦りすぎなくて大丈夫です。

 中途半端に終わってしまう人や切り上げちゃう人は、心のツッコミが強すぎるような気がするんですよね。「何やってんの、私」という自分へのツッコミ。ふたご座もその傾向があります。没頭して一つの作品を作り続けられる人は、ツッコミは保留して、ちょっと路線がずれてしまってもやり続けることができる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい