姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」

姜尚中

2020/09/02 07:00

 連続在任期間を更新したばかりの安倍首相が8月28日、突然辞任を表明した。安倍政権が私たちに遺したものとは。AERA 2020年9月7日号は、巻頭エッセイ「eyes」で連載中の政治学者の姜尚中さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • 姜尚中「戦後最大の国難での首相退陣は、石橋湛山のように後に語り継がれるかもしれない」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「戦後最大の国難での首相退陣は、石橋湛山のように後に語り継がれるかもしれない」

    AERA

    9/2

    「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に

    「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に

    AERA

    9/9

  • 何も学んでいなかった安倍政権 「やっている感」が通用しなくなった理由

    何も学んでいなかった安倍政権 「やっている感」が通用しなくなった理由

    週刊朝日

    9/3

    姜尚中「菅政権は安倍政権が未解決の原発問題と五輪招致疑惑に向き合うべきだ」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「菅政権は安倍政権が未解決の原発問題と五輪招致疑惑に向き合うべきだ」

    AERA

    9/30

  • 姜尚中「なぜ日本にとってロシアは『鬼門』なのか?」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「なぜ日本にとってロシアは『鬼門』なのか?」

    AERA

    1/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す