感染拡大止まらない米国の“オアシス”、ニューヨークを守る追跡のエキスパート「トレーサー」とは

2020/08/22 17:00

 新型コロナウイルスの拡大が止まらない米国で、感染者数を抑えているニューヨーク市は、検査のほか感染者や濃厚接触者の「追跡」「隔離」を重視する。そこで活躍しているのがトレーサーだ。AERA2020年8月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ニューヨークは「鎖国状態」 州外・陸路での旅行客も追跡で自主隔離チェック、違反者には罰金も

    ニューヨークは「鎖国状態」 州外・陸路での旅行客も追跡で自主隔離チェック、違反者には罰金も

    AERA

    8/23

    福岡伸一「ニューヨークのコロナ対策は、なぜわかりやすいのか」
    筆者の顔写真

    福岡伸一

    福岡伸一「ニューヨークのコロナ対策は、なぜわかりやすいのか」

    AERA

    7/16

  • 国内感染者数は「推計18万人以上」と専門家 取り組むべきはPCR検査か抗体検査か?

    国内感染者数は「推計18万人以上」と専門家 取り組むべきはPCR検査か抗体検査か?

    AERA

    5/13

    米国でコロナ抗体検査に殺到「証明書」の発行検討も NY市「5人に1人」感染の衝撃

    米国でコロナ抗体検査に殺到「証明書」の発行検討も NY市「5人に1人」感染の衝撃

    AERA

    5/12

  • 岩田健太郎医師 五輪の感染対策「言語道断」の3つの問題といま必要な対策とは?

    岩田健太郎医師 五輪の感染対策「言語道断」の3つの問題といま必要な対策とは?

    AERA

    8/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す