篠原涼子「デートをパパラッチされたい」? 「ハケンの品格」脚本家にプライベート吐露 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

篠原涼子「デートをパパラッチされたい」? 「ハケンの品格」脚本家にプライベート吐露

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#ドラマ
篠原涼子(しのはら・りょうこ、右):1973年、群馬県生まれ。ドラマ「ハケンの品格」(2007年)など出演作多数。9月からNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演予定/中園ミホ(なかぞの・みほ):1959年、東京都生まれ。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)など多数の人気作の脚本を手がける(撮影/写真部・東川哲也)

篠原涼子(しのはら・りょうこ、右):1973年、群馬県生まれ。ドラマ「ハケンの品格」(2007年)など出演作多数。9月からNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演予定/中園ミホ(なかぞの・みほ):1959年、東京都生まれ。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)など多数の人気作の脚本を手がける(撮影/写真部・東川哲也)

篠原涼子(しのはら・りょうこ)/1973年、群馬県生まれ。ドラマ「ハケンの品格」(2007年)など出演作多数。9月からNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演予定(撮影/写真部・東川哲也)

篠原涼子(しのはら・りょうこ)/1973年、群馬県生まれ。ドラマ「ハケンの品格」(2007年)など出演作多数。9月からNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演予定(撮影/写真部・東川哲也)

中園ミホ(なかぞの・みほ)/1959年、東京都生まれ。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)など多数の人気作の脚本を手がける(撮影/写真部・東川哲也)

中園ミホ(なかぞの・みほ)/1959年、東京都生まれ。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(2014年)、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18年)など多数の人気作の脚本を手がける(撮影/写真部・東川哲也)

 2007年に放送され話題を呼んだドラマ「ハケンの品格」が今春、復活する。非正規雇用の問題が深刻化する現代、抜群のスキルと数々の資格を武器に不条理と闘う「スーパーハケン」大前春子が痛快な姿を見せてくれる。AERA 2020年4月27日号掲載の、脚本家・中園ミホさん、主演・篠原涼子さんの対談記事を紹介する。

【写真】コギャル姿も可愛すぎる!広瀬すずはこちら

*  *  *
 人気ドラマ「ハケンの品格」が復活する。脚本家の中園ミホ(60)と、主演の篠原涼子(46)は、13年ぶりの再タッグとは思えぬほど、息ぴったりだ。

中園ミホ(以下、中園):お変わりないですねえ! 13年前の衣装をそのまま着られるって、さすが。

篠原涼子(以下、篠原):またこれを着て、大前春子ができるのがうれしいです。私、大前春子は基本的にサイボーグだと思っていて。強さや、奥にある優しさのようなものを含めて、変わらないほうがいいのかな? と。だから衣装も髪形も変えず、なるべくしわも見えないように(笑)。

中園:あれだけの資格を取るには100年かかるから「大前春子100歳説」もあった。

篠原:でもスーパーマンだけど本当は不器用で。そんなところにすごく愛情を持てるんです。

中園:篠原さんが演じてくれることで大前春子はロボットじゃなくて「有機体」になるんです。キツいことを言っても、慈愛がにじみ出るような。13年前にこれを書いたとき、派遣の方にたくさん取材をしたんです。一緒にお酒を飲むだけなんですけど、そのときのメンバーといまも定期的に飲み会をしていて。彼女たちからも「続編を!」って言われ続けていたんです。

篠原:嬉しい! 自信になります。

中園:世の中は13年前よりさらに厳しくなっている。今、新型コロナウイルスによる活動自粛が叫ばれていますが、こうした状況で一番に打撃を受けるのは彼女たちですからね。この数年は、飲み会のメンバーに男性も入ってきているんです。

篠原:非正規雇用が増え続けているんですね。

中園:今年4月から「同一労働同一賃金」が始まりましたが、当然、非正規雇用者は待遇の改善を期待しますよね。でも現実はなかなか。年齢が上がって親の介護問題も深刻です。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい