日本のアニメは配信で変わる「アンフェアな配分をする製作委員会は生き残れない」

2020/03/13 11:30

 ネットフリックスのアニメコンテンツ施策が勢いづいている。アニメ制作会社やクリエイターとタッグを組み、新たなオリジナル作品を世に送り出す予定だ。こうした動きがいま、アニメ業界の構造をも変えようとしている。AERA2020年3月16日号は、「メガヒットの条件」を特集。ネットフリックスとアニメ制作会社に取材した。

あわせて読みたい

  • 「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    「ネットフリックスにはディズニーしか対抗できない」 動画配信“第2の波”で変わるメディアの構図

    AERA

    7/26

    「鬼滅」「呪術廻戦」大ヒットでも喜べない アニメ制作会社の厳しいウラ事情

    「鬼滅」「呪術廻戦」大ヒットでも喜べない アニメ制作会社の厳しいウラ事情

    dot.

    2/27

  • 日本に許可取りするより、自作したほうが早い…中国やアメリカで「日本風アニメ」の制作が本格化した事情

    日本に許可取りするより、自作したほうが早い…中国やアメリカで「日本風アニメ」の制作が本格化した事情

    プレジデントオンライン

    8/25

    意外に知られていない!? 海外ドキュメンタリー制作事情

    意外に知られていない!? 海外ドキュメンタリー制作事情

    GALAC

    6/27

  • 米Yahoo、【アメリカン・ミュージック・アワード】を生配信

    米Yahoo、【アメリカン・ミュージック・アワード】を生配信

    Billboard JAPAN

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す