「使い捨てはダサい」海洋プラスチック専門家“プラなし生活”のススメ

2020/01/31 07:00

 海洋生物に影響を与えるプラスチックに対して、世界中で削減への動きが広がっている。海洋プラスチックの専門家の中嶋亮太さんも「プラなし生活」を実践する一人だ。AERA2020年2月3日号は、そのきっかけや考え方などに迫る。

あわせて読みたい

  • プラごみが魚の総重量を上回る! そのストローが環境を破壊

    プラごみが魚の総重量を上回る! そのストローが環境を破壊

    AERA

    9/22

    レジ袋の有料化が、プラスチックごみの削減にならない理由

    レジ袋の有料化が、プラスチックごみの削減にならない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    7/6

  • マイクロプラスチック、日本の海は世界平均の27倍…人体に影響ないのか?

    マイクロプラスチック、日本の海は世界平均の27倍…人体に影響ないのか?

    週刊朝日

    6/24

    稲垣えみ子「プラスチックを拒否していたら何も買えず、餓死しかねない」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「プラスチックを拒否していたら何も買えず、餓死しかねない」

    AERA

    10/8

  • スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制

    スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制

    AERA

    9/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す