厚底の黒船来航 日本の陸上界が「薄底」シューズを好んできたワケ

2020/01/16 11:30

 青山学院大学の優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。その結果とともに注目されたのが、青学を含む出場選手の84.3%が、ナイキの「ヴェイパーフライネクスト%」を着用していたことだ。これまでアディダスを使用してきた青学が、今回初めてナイキを履き、優勝したことは大きな衝撃だった。AERA 2020年1月20日号では、変化の時を迎えつつある、箱根駅伝のシューズ事情を取材した。

あわせて読みたい

  • まるで水上を走るよう? 箱根駅伝で8割の選手が履いた“夢のシューズ”の性能は

    まるで水上を走るよう? 箱根駅伝で8割の選手が履いた“夢のシューズ”の性能は

    AERA

    1/16

    日本記録の陰に“厚底”あり! 常識覆すマラソン靴に注目

    日本記録の陰に“厚底”あり! 常識覆すマラソン靴に注目

    週刊朝日

    12/12

  • MGCで名を上げた駒大 問題視されたスポンサー企業との金銭関係は?

    MGCで名を上げた駒大 問題視されたスポンサー企業との金銭関係は?

    週刊朝日

    9/21

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    週刊朝日

    3/13

  • ボールの変化で…ゴルフ界で「一流選手」の定義が変わった!
    筆者の顔写真

    丸山茂樹

    ボールの変化で…ゴルフ界で「一流選手」の定義が変わった!

    週刊朝日

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す