「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

2019/12/11 08:00

 中村哲医師がアフガニスタンで銃撃され死亡した。活動は医療に限らず、井戸掘りでの水の確保、農業用水路の設計にまで及んだ。中村医師を突き動かしたものとは何だったのか。AERA 2019年12月16日号から。

あわせて読みたい

  • 気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    気温50度超えのスーダンでへき地医療支援 外務省を辞めた日本人医師の「覚悟」

    dot.

    4/2

    「自己責任論」の批判は受け入れても、安田純平さんがこだわること

    「自己責任論」の批判は受け入れても、安田純平さんがこだわること

    AERA

    11/19

  • 身代金「家族が払っても罪に」米の戦場記者事情

    身代金「家族が払っても罪に」米の戦場記者事情

    AERA

    3/2

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

  • 「不平等に対する復讐」 中村哲医師が人生をアフガニスタンに捧げた理由

    「不平等に対する復讐」 中村哲医師が人生をアフガニスタンに捧げた理由

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す