テーマは「自分の花を咲かせる」 注目のスケーター島田高志郎が憧れた先人たち (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テーマは「自分の花を咲かせる」 注目のスケーター島田高志郎が憧れた先人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
野口美恵AERA#フィギュアスケート
島田高志郎(しまだ・こうしろう)/2001年、愛媛県松山市生まれ。身長175センチ、体重54キロのスタイルにあどけない顔立ちで、ファンも多い(撮影/今村拓馬)

島田高志郎(しまだ・こうしろう)/2001年、愛媛県松山市生まれ。身長175センチ、体重54キロのスタイルにあどけない顔立ちで、ファンも多い(撮影/今村拓馬)

 実力派がそろう日本男子フィギュア界注目の若手が、島田高志郎だ。スラリとしたスタイルに小顔。美しい滑りから目が離せない。AERA 2019年11月25日号に掲載された記事を紹介する。

【画像】AERA表紙を飾った高橋大輔選手の目力

*  *  *
 今季本格シニアデビューとなった日本男子の新星、島田高志郎(18)。昨季はジュニアGPファイナルで銅メダルを獲得した、次期エース候補だ。

 高橋大輔(33)に憧れ、踊るのが大好きな少年だった。転機は3年ほど前。元世界王者のステファン・ランビエルが本格的にコーチ業をスタートさせると「一緒に成長しよう」と誘われ、高校生で単身スイスに渡った。

「最初は言葉も文化も壁になり、スイスの山奥で自炊にも困るくらいの生活でした。憧れのスケーターに教えてもらえる高揚感から、何でも『はい、はい』と言っていましたが、最近は意見の言い合いもできます。ステファンの母国語であるフランス語も習い始めました」

 昨季はジュニアGPファイナルで初めて4回転トウループも成功。ただ、重圧も感じた。

「去年は、あまり点数は伸びていないのにいい順位を取って、運がよかっただけという気がしていました。今季はシニア移行が決まると、宇野昌磨選手(21)やネイサン・チェン選手(20)らと同じ試合のエントリーが決まり、自分の実力に見合わない試合だと思って、『絶対に結果を出せない』とネガティブな気持ちになってしまったんです」

 弱気になった島田に、ランビエルコーチの言葉が刺さった。

「ステファンから『自分よりも結果を残したスケーターはたくさんいるけれど、コーチとして今の僕が一番幸せだと言える自信がある。君も自分の道を行け』と。それで自信を持って『自分のスケートをただ届ければいい』と、気づけました。それでスケート人生のテーマを『自分の花を咲かせる』に決めました」

 夏には、ランビエルコーチが主宰するスイス合宿に、宇野、紀平梨花(17)、宮原知子(21)らが参加した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい