水災補償Q&Aで学ぶ基礎知識 被災時にまずすべきは?

2019/11/15 07:00

 東日本を中心に大きな爪痕を残した台風19号。浸水被害が相次いだことで今、水災補償に関心が集まっている。プロに水災時に取るべき行動や補償額について聞いた。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「線状降水帯」による集中豪雨の恐怖 もし水災に遭ったら、マイカーを守るにはどうする?

    「線状降水帯」による集中豪雨の恐怖 もし水災に遭ったら、マイカーを守るにはどうする?

    AERA

    7/4

    増える集中豪雨 マンション高層階でも水災補償を検討? FPが教える5つのポイント

    増える集中豪雨 マンション高層階でも水災補償を検討? FPが教える5つのポイント

    AERA

    6/7

  • 火災保険に“水災・風災補償追加”は損か得か プロが保険料を試算

    火災保険に“水災・風災補償追加”は損か得か プロが保険料を試算

    AERA

    11/14

    マイカー風水害Q&A 補償範囲は? 保険金はどれくらい?

    マイカー風水害Q&A 補償範囲は? 保険金はどれくらい?

    AERA

    11/16

  • どんな水災・風災なら保険金下りる? 災害に備える保険の超基本Q&A

    どんな水災・風災なら保険金下りる? 災害に備える保険の超基本Q&A

    AERA

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す