まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
Willem Dafoe/1955年、米・ウィスコンシン生まれ。「プラトーン」(1986年)、「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(2017年)などで3度アカデミー賞助演男優賞にノミネート、また本作で主演男優賞にノミネートされた(撮影/写真部・片山菜緒子)

Willem Dafoe/1955年、米・ウィスコンシン生まれ。「プラトーン」(1986年)、「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(2017年)などで3度アカデミー賞助演男優賞にノミネート、また本作で主演男優賞にノミネートされた(撮影/写真部・片山菜緒子)

「永遠の門 ゴッホの見た未来」現代美術作家でもあるジュリアン・シュナーベル監督がゴッホを描く。11月8日(金)から全国で公開 (c)Walk Home Productions LLC 2018

「永遠の門 ゴッホの見た未来」現代美術作家でもあるジュリアン・シュナーベル監督がゴッホを描く。11月8日(金)から全国で公開 (c)Walk Home Productions LLC 2018

「ゴッホ 最期の手紙」発売元:パルコ 販売元:ハピネット、価格4800円+税/DVD発売中 (c)Loving Vincent Sp.z o.o/Loving Vincent ltd.

「ゴッホ 最期の手紙」発売元:パルコ 販売元:ハピネット、価格4800円+税/DVD発売中 (c)Loving Vincent Sp.z o.o/Loving Vincent ltd.

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」の場面写真はこちら】

*  *  *
 まさにあの自画像が息を吹き込まれ動きだしたようだ! 数々の名演・怪演で知られるウィレム・デフォー(64)が、画家でもあるジュリアン・シュナーベル監督と、誰もが知る、だが誰も見たことのないゴッホ像を創り上げた。

「演じるときは常にその人の“中に入る”感覚なんだ。そのために今回はまず彼の手紙を読んだ。なにより絵を描くことを学んだことが大きかった。劇中でも僕が実際に絵を描いている。すべて編集なしで一から描いているんだよ」

 手ほどきをしたのは監督だ。

「ジュリアンは新しい物の見方を教えてくれた。例えばグラスを描こうとするとまずその形を再現しようとするけれど、『そうではなく光を見ろ』と教わった。するとそこにない紫の色が見えてきた。ちょっと神秘的な体験だった。普段とは違う物の見方ができるようになって、これがゴッホの物の見方だったのかもしれない、と思えてきた」 

 映像の工夫も「ゴッホの見ていたであろう世界」を我々に体験させてくれる。分厚いレンズ越しのような不思議な世界。ひまわりの黄色、あふれる南仏の陽光、頬をなでる風の音までが印象的だ。

「素晴らしかったのは、実際にゴッホが住んでいた場所で撮影できたことだ。彼が見たものに近い風景を見ながら絵を描くと、彼がつけた足跡を自分が踏んでいる感じがした。自分が流動的な存在になり、すると“誰か”になることができる。それがパフォーマンスの一番の核になるんだ」

 創作に熱中するゴッホが、村で次第に孤立していく様子も生々しく感じられる。

「彼の手紙には、『自分は社会的にぎこちない人間だ』という葛藤がつづられている。絵を描いているときにはエクスタシーに近い感覚があるけれど、それが日々の生活とうまく和解していない。彼は絵に向かっているとき以外に、自分の場を見つけられなかったんだ。でもそれは誰にでも多少はあることじゃないかな。僕はその感覚がよくわかる」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい