バブル世代が社会に恩返し みずほ銀執行役員、JICA職員が選んだ道は…

2019/11/04 08:00

 景気が良くて、すべてにイケイケだった「バブル」を、学生時代や社会人初期に経験した50代の人々。人生の折り返し点を迎え、彼らの中にバブル時代の就職で身につけた知識や専門性をもとに「社会貢献」の道を選ぶ人が出てきた。なぜなのか。朝日新聞編集委員・秋山訓子氏がリポートする。AERA 2019年11月4日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「50代になったら社会貢献」バブル世代の生き方を変えた共通点

    「50代になったら社会貢献」バブル世代の生き方を変えた共通点

    AERA

    11/4

    「みずほ銀行初の女性執行役員」の有馬氏 育休明けも“やめろ圧力”はなかった

    「みずほ銀行初の女性執行役員」の有馬氏 育休明けも“やめろ圧力”はなかった

    週刊朝日

    9/16

  • 社会企業家“元祖”が語る「中国社会が良くなるための三つのこと」

    社会企業家“元祖”が語る「中国社会が良くなるための三つのこと」

    AERA

    8/24

    格差にあえぐ中国で社会的企業がブームなワケ

    格差にあえぐ中国で社会的企業がブームなワケ

    AERA

    8/23

  • 中国にシリコンバレー出現 アマゾンから独立起業する若者も

    中国にシリコンバレー出現 アマゾンから独立起業する若者も

    AERA

    9/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す