内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

教育

2019/10/11 08:00

 学習の記録や部活動、出欠日数などが記載された「内申書」(正式には「調査書」)。高校入試に影響するため、中学生親子にとっては気がかりな存在だ。AERA 2019年10月14日号では「内申書」についてアンケートを実施。「生徒を萎縮させる」など弊害も指摘される中、活用法を見直す動きが出てきた。

あわせて読みたい

  • 広島県が高校入試改革に着手 教育研究家「他の都道府県でも見直しを期待」

    広島県が高校入試改革に着手 教育研究家「他の都道府県でも見直しを期待」

    AERA

    10/11

    現役教師「内申制度が教育を歪めている」 教育委が学校に乗り込んで“取り調べ”の理由

    現役教師「内申制度が教育を歪めている」 教育委が学校に乗り込んで“取り調べ”の理由

    AERA

    10/11

  • 【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス
    筆者の顔写真

    前川喜平

    【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス

    週刊朝日

    4/11

    「ホストファミリーになれば点数上がりますか」 入試の「主体性評価」で生徒が打算的に?

    「ホストファミリーになれば点数上がりますか」 入試の「主体性評価」で生徒が打算的に?

    AERA

    12/10

  • 大学勢力図も変わる? 各大学が入試改革、中学受験に影響も

    大学勢力図も変わる? 各大学が入試改革、中学受験に影響も

    AERA

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す