渡辺満里奈が初告白 名倉潤のうつ病休養の経緯、発症後の胸中は… (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡辺満里奈が初告白 名倉潤のうつ病休養の経緯、発症後の胸中は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA
渡辺満里奈(わたなべ・まりな)/1970年生まれ。東京都出身。タレント。86年に芸能界デビュー。テレビ・ラジオ・雑誌などで活躍。2005年に名倉潤さんと結婚。現在、11歳と9歳の2児の母(撮影/岸本絢)

渡辺満里奈(わたなべ・まりな)/1970年生まれ。東京都出身。タレント。86年に芸能界デビュー。テレビ・ラジオ・雑誌などで活躍。2005年に名倉潤さんと結婚。現在、11歳と9歳の2児の母(撮影/岸本絢)

渡辺満里奈さんのインスタグラムから渡辺さんのインタビューが載ったAERA購入はこちら

渡辺満里奈さんのインスタグラムから
渡辺さんのインタビューが載ったAERA購入はこちら

 本人は不安で眠れないから、もっと強い睡眠剤がほしいと言うんです。いやいや違うよって。この薬を飲んだとき、こんなおかしな状態になっているということを、一番身近で観察している家族が言わないと医師にも伝わらない。私のやり方は乱暴だったかもしれませんが、そういう形で受診にコミットしました。彼に関しては私が主治医になりたいぐらい(笑)。一番近くにいる人がよく見て、変化に気付いてあげるのが、初期段階では大切なのかなと思います。

――今年春に受診した2番目の医師は「うつ病」と即診断。休養をとるようすすめた。名倉さんの背中を押したのは周囲のスタッフやメンバーの理解だった。

 周りのスタッフの人たちに、じゃあ休みましょう、と言ってもらえたことに、本人はものすごく安心し、重荷を下ろせたようでした。周囲の理解を得て、安心してお休みが取れるのが一番の薬だったんじゃないかな。

――8月1日。名倉さんはうつ病と2カ月間の休養を発表した。

 うつ病をひた隠しにしなければいけない時代でもないなって。かねてから私、芸能界も働き方改革をしたほうがいいと思っていました。芸能人は親の死に目にも会えないとか、もうそういう時代じゃない。無理をしないと仕事を失うのなら、別になくなってもいいじゃんって。そういうふうに思えるから、私はうつにはならないんだろうなと思いますけど(笑)。

――名倉さんのうつ病公表の直後、渡辺さんはインスタグラムを更新。名倉さんが11歳の長男と9歳の長女と寄り添って歩く後ろ姿の写真に、「家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたい」とつづった。

 子どもたちといるのが一番の癒やしみたいなので、写真は「あっ」と思った瞬間を私が撮影しました。反響については不安でした。多くの人がストレスを抱え、それでもみんな我慢して働き続けているんだっていう声が当然あると思ったんです。でも、予想を超える多くの方々から励ましの言葉をいただきました。我慢の限界を超えてしまった人が、うつ病になるっていうことを理解していただけたのが、本当によかったと思います。
(編集部・渡辺豪)

※記事の続きは「AERA 2019年10月14日号」でご覧いただけます。


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい