東京五輪マラソンは序盤のペースがカギ? 男女のメダルの可能性は

2019/09/25 17:00

 東京五輪のマラソン代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が9月15日に行われ、男子は中村匠吾選手と服部勇馬選手、女子は前田穂南選手と鈴木亜由子選手がそれぞれ代表に内定した。日本人選手が世界の強豪に打ち勝ち、メダルを獲得するためには何が必要になるのか。AERA 2019年9月30日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • MGCで番狂わせの中村匠吾は“速さ”より“強さ”の選手?

    MGCで番狂わせの中村匠吾は“速さ”より“強さ”の選手?

    AERA

    9/25

    女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説

    女子マラソン代表の残り1枠は? “名古屋の覇者が近い”説

    週刊朝日

    2/5

  • 五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    五輪本番よりも面白い? 一発勝負“混戦のマラソン代表争い”

    週刊朝日

    9/14

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    疑惑、不公平はもう勘弁 一発勝負のマラソン五輪選考レースはいかにして生まれたか?

    dot.

    9/14

  • 【リオ五輪 14・15日の注目競技】 ケンブリッジ飛鳥と山縣亮太9秒台出るか 錦織圭はナダルと勝負 バレー、マラソン、卓球団体と盛りだくさん!

    【リオ五輪 14・15日の注目競技】 ケンブリッジ飛鳥と山縣亮太9秒台出るか 錦織圭はナダルと勝負 バレー、マラソン、卓球団体と盛りだくさん!

    dot.

    8/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す