診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは

病院

2019/09/19 11:30

 アエラが行ったアンケートで浮き彫りになった医師と患者の深い溝。命に係わるいざというとき、どうしたら間違えず、納得のいく選択ができるのか。AERA 2019年9月23日号から。

あわせて読みたい

  • 「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    「なぜわからない!」「いつも高圧的」 医師と患者、ジレンマの原因は意外なところに

    AERA

    9/19

    がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白

    がん民間療法は「人の弱みにつけ込むインチキ商法」 医師たちが本音告白

    AERA

    2/8

  • 「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    「救いたかった患者さんがたくさんいる」がん治療の医師たちが代替医療を全否定しない理由

    dot.

    2/26

    患者が知らない「がん治療の真実」 作家・久坂部羊×医師・上昌広対談

    患者が知らない「がん治療の真実」 作家・久坂部羊×医師・上昌広対談

    AERA

    3/9

  • 「松竹梅方式」では患者は決められない! 決断をお任せにしない新しい治療選択の概念とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「松竹梅方式」では患者は決められない! 決断をお任せにしない新しい治療選択の概念とは?

    dot.

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す