右足切断でも義足なしで迫力のプレー 43歳男性と「アンプティサッカー」の出会い

2020東京五輪

2019/09/08 11:30

 切断した右足をさらけ出し、相手選手と激しくぶつかり合う。クラッチと呼ばれる杖を軸に、左足だけでボールを追う。2019年5月、田中啓史さん(43)は大阪市鶴見区の球技場でアンプティサッカーの優勝決定戦に挑んでいた。試合終了のホイッスルが鳴ると同時に相手チームから大きな歓声がわき起こり、田中さんはひとり静かに天を仰いだ。

あわせて読みたい

  • 「右足のない今の自分のほうが好き」アンプティサッカーで変わった選手たちの生き方

    「右足のない今の自分のほうが好き」アンプティサッカーで変わった選手たちの生き方

    AERA

    9/8

    【写真特集】義手も義足も外して戦うアンプティサッカー

    【写真特集】義手も義足も外して戦うアンプティサッカー

    9/8

  • 「それもありなんだ」と思ってもらえたら パラトライアスリート・秦由加子が短パンで休日を過ごす理由

    「それもありなんだ」と思ってもらえたら パラトライアスリート・秦由加子が短パンで休日を過ごす理由

    AERA

    6/9

    6大会連続出場の走り高跳び・鈴木徹 2メートルに挑む「義足でもこれだけ跳べると証明するのは僕にしかできない」

    6大会連続出場の走り高跳び・鈴木徹 2メートルに挑む「義足でもこれだけ跳べると証明するのは僕にしかできない」

    AERA

    9/3

  • パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    AERA

    9/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す