テクノロジーを国会へ 舩後靖彦参院議員の政治活動を支える「最新技術」

2019/09/06 07:00

 れいわ新選組から初当選した2人の重度身体障害者の国会議が注目を集めている。筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦議員と脳性まひの障害を持つ木村英子議員だ。彼らの存在は、どんな変化を社会に巻き起こすのか。フリーライターの玉居子泰子氏が迫った。

あわせて読みたい

  • 「私たちだけが特別扱いされるのはおかしい」木村英子参院議員が目指す社会とは?

    「私たちだけが特別扱いされるのはおかしい」木村英子参院議員が目指す社会とは?

    AERA

    9/6

    「れいわ」山本太郎代表 都知事選出馬にも色気 「可能性は排除しません」

    「れいわ」山本太郎代表 都知事選出馬にも色気 「可能性は排除しません」

    週刊朝日

    9/21

  • 人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    人間は強いときも弱いときもある ALS患者が「死にたい」と思う社会に問題

    AERA

    9/26

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    AERA

    3/16

  • 山本太郎、都知事選勝利はあるか “素顔”は「礼儀正しく気配りの人」

    山本太郎、都知事選勝利はあるか “素顔”は「礼儀正しく気配りの人」

    週刊朝日

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す