「さえた頭で世の中を見よう」ラッパー・Zeebraが語る、食べ物とヒップホップの関係 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「さえた頭で世の中を見よう」ラッパー・Zeebraが語る、食べ物とヒップホップの関係

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。8月17日(土)に夏フェス「SUMMER BOMB」の開催が決定。現在、先行チケットが発売中(撮影/写真部・松永卓也)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。8月17日(土)に夏フェス「SUMMER BOMB」の開催が決定。現在、先行チケットが発売中(撮影/写真部・松永卓也)

ケール/地中海周辺原産で、キャベツと同じアブラナ科の野菜。ビタミン含有量は緑黄色野菜の中でも最も高いといわれている。日本では青汁の原料として知られるようになったため苦いと思われがちだが、その苦みはペースト状にする過程で発生するもの。しっかりした歯ごたえが特徴で、サラダや炒め物にも適する(撮影/写真部・松永卓也)

ケール/地中海周辺原産で、キャベツと同じアブラナ科の野菜。ビタミン含有量は緑黄色野菜の中でも最も高いといわれている。日本では青汁の原料として知られるようになったため苦いと思われがちだが、その苦みはペースト状にする過程で発生するもの。しっかりした歯ごたえが特徴で、サラダや炒め物にも適する(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 最近は日本でも「スーパーフード」なんてもてはやされていますが、初めて食べたのはアメリカでした。向こうでもやっぱり、体にいい食材という扱いですね。この10年ぐらいの間に、アメリカ人の食への意識はすごく変わりました。以前はちゃんとしたレストランに入っても、やっぱりドンッと肉。身長2メートル、体重150キロみたいな人に合わせた量が出てきました。でも今は、少なくともミドルクラス以上の人はかなり食に気を使っていると思います。

 ヒップホップの世界でも、有名なラッパーがフレッシュジュースの店を経営していたり、KRS-ONEが来日したときの映像で、控室にあったフライドチキンを見て「見ろ、これがポイズンだ!」って語り出したり。成功したから意識の高い生活をするわけではなくて、「ジャンクなものを食べてるから、いつまでも上へ行けないんだぞ」と。身体にいいものを食べて、さえた頭でちゃんと世の中を見て、考えて生きていこうってことです。ヒップホップで世の中を良くしようっていう考え方が、そんなところにも表れています。

AERA 2019年5月27日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい