不動産で得する物件はこう選ぶ! プロが教える“鉄板基準”5つ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不動産で得する物件はこう選ぶ! プロが教える“鉄板基準”5つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
安住拓哉,中島晶子AERA#住宅
”富”動産なら何十年たっても売値が落ちづらい。賃貸に出しても空室リスクが低く、家賃収入が見込める。まさに打ち出の小づちだ(撮影/写真部・小山幸佑、立体イラスト/kucci)

”富”動産なら何十年たっても売値が落ちづらい。賃貸に出しても空室リスクが低く、家賃収入が見込める。まさに打ち出の小づちだ(撮影/写真部・小山幸佑、立体イラスト/kucci)

 多少高くても買っていい富動産を探すための注目点は次の五つだ。

(1)都心立地×駅近(目安は駅徒歩5分以内)の物件。都心部でなくても、再開発が活発に進む郊外拠点駅の駅近物件であれば資産性は維持されやすい。

(2)文教地区など、交通利便性・生活利便性以外の居住ニーズが見込める。

(3)再開発プロジェクトや都心部への延伸計画などがあり、交通利便性・生活利便性の将来的な向上が期待できる。

(4)大規模商業施設と一体開発された大規模物件。ただし都心周辺・都心近郊の拠点駅がベター。

(5)一種のブランド的な人気エリアながら、新規物件の供給が少ない(需要>供給となりやすく、希少性が高い)。

 購入後も負動産になりにくい物件の“鉄板基準”として、しっかり覚えておきたい。(経済ジャーナリスト・安住拓哉、編集部・中島晶子)

AERA 2019年4月22日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい