独占インタビュー 小泉純一郎元首相「参院選は自民も危ない」 (3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

独占インタビュー 小泉純一郎元首相「参院選は自民も危ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA
原発すでに9基が再稼働(AERA 2019年3月18日号より)

原発すでに9基が再稼働(AERA 2019年3月18日号より)

「原発ゼロ」への思いを語る小泉純一郎元首相(77)。「ウソとわかって黙っているわけにはいかない」と力を込めた(撮影/写真部・片山菜緒子)

「原発ゼロ」への思いを語る小泉純一郎元首相(77)。「ウソとわかって黙っているわけにはいかない」と力を込めた(撮影/写真部・片山菜緒子)

──進次郎さんに「原発ゼロ」を掲げてほしいという期待はありますか。

 親が言っているのと同じことを言いたくないだろう。親とは違うところを見せたいんじゃないか(笑)。かといって進次郎は「原発を推進しろ」とは言わない。

──進次郎さんは、本音では原発はいらないと思っている、と。

 普通に考えればそうなる。今は遠慮しているんだ、まだ若造だから。みんなの嫉妬もあるしね。だからその辺は控えめにやっているんじゃないか。

(進次郎は)今は汗をかく時期。政治家は経験を積まなければ力は発揮できない。将来、国民の望むような方向に行動してくれればと期待している。その先頭を切ってもらいたい。

(編集部・野村昌二)


AERA 2019年3月18日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい