「インターハイさえ出られたら走れなくなってもいい」鉄剤注射がはびこる背景

2019/03/12 08:00

 昨年12月、高校駅伝の豪高校で不適切使用が発覚した鉄剤注射問題で、日本陸連は原則禁止を決定。陸上選手の「鉄欠乏性貧血」の解消を目的とした鉄剤注射の安易な使用は、選手に肝機能障害などをもたらすリスクを抱えている。問われているのは指導者の質だ。

あわせて読みたい

  • 鉄剤注射が陸上女子をつぶす…4割が不必要に注射の実態も

    鉄剤注射が陸上女子をつぶす…4割が不必要に注射の実態も

    AERA

    3/12

    「箱根駅伝」人気の陰に潜む長距離ランナーの貧血 アスリートが発症しやすい理由とは?

    「箱根駅伝」人気の陰に潜む長距離ランナーの貧血 アスリートが発症しやすい理由とは?

    dot.

    1/2

  • 中・高・大学生運動部の貧血調査結果 「鉄欠乏」だけでなく「過度な運動」も原因に
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    中・高・大学生運動部の貧血調査結果 「鉄欠乏」だけでなく「過度な運動」も原因に

    dot.

    3/9

    世間は「猫ひろし」の名前を上げ…瀬古利彦が直面したマラソン界の危機

    世間は「猫ひろし」の名前を上げ…瀬古利彦が直面したマラソン界の危機

    週刊朝日

    5/18

  • アスリートだけでない「スポーツ貧血」の怖さ 日頃の運動でなぜ貧血に?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    アスリートだけでない「スポーツ貧血」の怖さ 日頃の運動でなぜ貧血に?

    dot.

    7/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す