早稲田総長「今までの入試には限界が…」 入試改革の意図明かす

大学入試

2019/01/24 11:30

 2020年度に向け、“脱偏差値”を掲げて大学入試改革に挑む早稲田大学。センター試験に代わって実施される大学入学共通テストの導入を決めたり、政治経済学部で数学を必須化したりと、すでに様々な改革を発表している。その狙いを田中愛治・早稲田大学総長に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 早稲田と慶応が“真逆”の選択 2020年度大学入試改革

    早稲田と慶応が“真逆”の選択 2020年度大学入試改革

    AERA

    1/23

    「早稲田にはどんな学生にも居場所がある」田中愛治総長が語る多様性と国際化

    「早稲田にはどんな学生にも居場所がある」田中愛治総長が語る多様性と国際化

    AERA

    9/12

  • 令和は早慶逆転!? 大学激変の時代、そのワケは?

    令和は早慶逆転!? 大学激変の時代、そのワケは?

    週刊朝日

    10/14

    国際化は早稲田のほうが進んでいる? 早慶学長対談で上がった“課題”

    国際化は早稲田のほうが進んでいる? 早慶学長対談で上がった“課題”

    週刊朝日

    9/1

  • 早稲田が慶應に勝った! W合格者が選ぶ大学の“序列”に変化

    早稲田が慶應に勝った! W合格者が選ぶ大学の“序列”に変化

    週刊朝日

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す