認知症患者の家族に賠償も…介護・医療費だけではない金銭リスクの回避法 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症患者の家族に賠償も…介護・医療費だけではない金銭リスクの回避法

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田悦子AERA
認知症に備える主な保険商品(AERA 2018年11月12日号より)

認知症に備える主な保険商品(AERA 2018年11月12日号より)

「一部の子どもや孫に無心されるままお金を渡したり、ヘルパーさんにお小遣いをあげたりなどして、生活費を使ってしまうケースがみられます。収入に見合う支出かを判断する力は衰えても、お金を渡すと目の前の人が喜ぶので、そちらを優先してしまうのかもしれません」

 また、訪問販売で高額な商品を買ってしまったり、詐欺に遭うリスクも大きくなる。軽度の認知症のお年寄りは、特に狙われやすいという。

「さらに一人暮らしだとこのリスクは大きくなります。寂しさがこうした行為をエスカレートさせてしまいがちなので、なるべく頻繁に連絡したり会いに行ったり、見守りサービスを利用するなどして接点を多くしましょう」

(ライター・森田悦子)

※AERA 2018年11月12日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい