住宅ローン「史上最低水準の金利」の今後 “現場の感覚”は…

2018/10/19 07:00

 返済額が大きい住宅ローンは、わずかな金利の変動でも生活に影響を与えかねない。「史上最低水準の金利」とも言われる住宅ローンの低金利は、今後どうなっていくのか。専門家や現場を知る人々に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    トランプ政策で暮らしどうなる? 住宅ローンの借り換えは今年前半までに!

    AERA

    2/25

    5~3年前に借り換えた人でも総返済額を減らせる 専門家が伝授

    5~3年前に借り換えた人でも総返済額を減らせる 専門家が伝授

    週刊朝日

    7/7

  • 定期より普通がお得? マイナス金利で損をしない預金術

    定期より普通がお得? マイナス金利で損をしない預金術

    週刊朝日

    2/15

    まだ行ける!住宅ローン借り換え コンサルやFP使って「480万円削減」も

    まだ行ける!住宅ローン借り換え コンサルやFP使って「480万円削減」も

    AERA

    7/14

  • 長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    長期金利上昇で住宅ローンに影響 注意すべき金利「1%の壁」とは?

    AERA

    8/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す