外資系企業から築地本願寺に転職した僧侶が描く「開かれたお寺」

2018/10/12 16:00

 お寺と地域の人々との結びつきが弱くなり、伝統仏教の衰退が危惧されている。絶大なブランド力を誇る築地本願寺でもそれは例外ではない。同寺の事務方トップである宗務長・安永雄玄氏が、そうした現状にどう向き合っているのか語ってくれた。

あわせて読みたい

  • お寺に行きにくいならこちらが出向く 築地本願寺が銀座にサテライトテンプル

    お寺に行きにくいならこちらが出向く 築地本願寺が銀座にサテライトテンプル

    AERA

    8/12

    東京・築地本願寺の都市部「ご縁づくり」戦略

    東京・築地本願寺の都市部「ご縁づくり」戦略

    AERA

    8/6

  • 人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち

    AERA

    8/5

    お寺から「映像は届いてますか?」 葬儀も墓参りもオンライン化、Zoom法事のメリットとは

    お寺から「映像は届いてますか?」 葬儀も墓参りもオンライン化、Zoom法事のメリットとは

    AERA

    8/11

  • 檀家制度廃止で収入4倍 仏教界騒然のお寺

    檀家制度廃止で収入4倍 仏教界騒然のお寺

    AERA

    8/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す