肉をやめたZeebra 餃子を作る時に使うのはひき肉ではなく… 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

肉をやめたZeebra 餃子を作る時に使うのはひき肉ではなく…

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。お気に入りのレコード店で気になったアルバムをチェック。ふらりと入った店で掘り出し物が見つかることも(撮影/写真部・小原雄輝)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。お気に入りのレコード店で気になったアルバムをチェック。ふらりと入った店で掘り出し物が見つかることも(撮影/写真部・小原雄輝)

ニラ/滋養強壮効果が高く、古くから漢方薬としても利用されてきた。強いにおいの元となる成分・アリシンはビタミンB1の吸収を促進する働きがある。そのほかにもリン、鉄、カルシウムなどミネラル分も豊富。根元の白い部分には葉先の4倍ものアリシンが含まれる(撮影/写真部・松永卓也)

ニラ/滋養強壮効果が高く、古くから漢方薬としても利用されてきた。強いにおいの元となる成分・アリシンはビタミンB1の吸収を促進する働きがある。そのほかにもリン、鉄、カルシウムなどミネラル分も豊富。根元の白い部分には葉先の4倍ものアリシンが含まれる(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の関連写真はこちら】

*  *  *
 不思議な食べ物です。野菜の域を超えているぐらい強烈で、あらがえない魅力がある。ここぞというところでいい仕事をするでしょう。例えばニラと卵の炒め物。あれって、肉を食べているぐらいの感じがある。代打で出てきてホームランを打った、という感じのインパクトがあります。ボリュームがあるわけじゃないから、満腹感というより満足感ですね。

 我が家の餃子は赤身のマグロで作ります。店で売ってるネギトロみたいなやつはちょっと脂っこいので、赤身を包丁でコトコト叩く。そこにざくざく切ったニラを山ほど。あとはキャベツ、ニンニクかな。今は妻が作っているので、細かいところがわからないんですけど、うまいです。

 猛暑が続くとスタミナを補給したくて、ニラの出番が増えます。食べると体がぽかぽかして、ソファとかに座っていると腰骨、背骨のあたりが「熱い!」ってなる。暑がりで汗っかきなのは普段からなんですけど。それもあって、長距離を走ることは確実に人生で嫌いなことトップ3に入ります。いや、短距離は得意なんですよ。

AERA 2018年9月24日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい