「1億円ためたい」港区在住女性の“野望” 背景に老後不安 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「1億円ためたい」港区在住女性の“野望” 背景に老後不安

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史AERA#お金

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

つみたてNISA残高ランキング【1】(AERA 2018年7月9日号より)

つみたてNISA残高ランキング【1】(AERA 2018年7月9日号より)

つみたてNISA残高ランキング【2】(AERA 2018年7月9日号より)

つみたてNISA残高ランキング【2】(AERA 2018年7月9日号より)

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

投資信託、株式、FX、仮想通貨……。投資には様々な選択肢があるが、急激な下落や元本割れのリスクを意識することも重要だ(撮影/伊ケ崎忍)

「退職後に貧乏な暮らしはしたくない。年金が崩壊しても暮らせるだけのお金をためるには、早く行動しなければダメだと思った」(サキさん)

 今住んでいる東京都港区には「セレブママ」も多い。サキさん自身はセレブ志向ではないが、東京でそれなりの暮らしをするにはお金がかかる。インスタグラムでは、投資系のアカウントの盛り上がりもすごい。リスクを気にしている場合じゃない──。投資熱がメラメラと燃え上がっていった。

 サキさんは、出産祝いや子ども手当、子どものお年玉などをためていた100万円を、投資に回すと決めた。今年2月、投資成績が評判のアクティブファンド「ひふみプラス」をNISA枠で30万円購入。AIを投資に応用する技術にも興味がわいたので、ビッグデータやAIを活用した「GSビッグデータ・ストラテジー」で外国株式にも20万円を投資した。今後は、IPO(新規公開株)の購入も検討しているという。先の「100万円」とは別に、これからは毎月8万円ほどを投資に回す予定だ。

 将来、サキさんは2歳の長女にも自分が投資している姿を見てほしい、と語る。

「娘が生きる時代は、今よりも投資がより重要になっているはず。でも、学校は投資について教えてくれない。親の背中を見て、お金のこともよく理解したうえで、人生を歩んでほしい」

 子どものいる家庭にとっては、教育費も切実だ。「Money&You」取締役でファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは「教育費への備えを、つみたてNISAでしようと考える人も増えてきた」と語る。高山さんが相談を受けることが多い文京区、千代田区、港区などの家庭は教育熱が高く、中学受験の塾代に300万円以上かける家庭もある。つみたてNISAで利益が出たらそれを塾代に充てようと投資をスタートさせる人もいるという。

 教育資金のためにつみたてNISAを使う場合、高山さんは「下降局面ですぐに売らないことが大事」とアドバイスする。

「国内外の株式、債券、REIT(不動産投資信託)まで入れたバランスファンドで分散投資をすれば、極端な乱高下は起こりにくい。『元本割れ』を嫌って一喜一憂せず、最低でも7年は運用すれば、積み立て投資の複利効果が実感できるはずです」

(文中カタカナ名は仮名)(編集部・作田裕史)


AERA 2018年7月9日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加