野球選手が小中女子の憧れに! 川端友紀&片岡安祐美が語る「野球愛」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野球選手が小中女子の憧れに! 川端友紀&片岡安祐美が語る「野球愛」

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA

埼玉アストライア 川端友紀(かわばた・ゆき、29)/大阪府出身。内野手。女子野球のワールドカップに3度出場。今年8月、アメリカで開催されるW杯メンバーにも選出された。日本代表チームは大会6連覇を狙う(撮影/写真部・大野洋介)

埼玉アストライア 川端友紀(かわばた・ゆき、29)/大阪府出身。内野手。女子野球のワールドカップに3度出場。今年8月、アメリカで開催されるW杯メンバーにも選出された。日本代表チームは大会6連覇を狙う(撮影/写真部・大野洋介)

茨城ゴールデンゴールズ 片岡安祐美(かたおか・あゆみ、31)/熊本商業高校野球部時代、女子野球の世界選手権にも出場。萩本欽一監督率いる茨城ゴールデンゴールズに入団し、24歳でクラブ野球史上初の女性監督に就任(写真:本人提供)

茨城ゴールデンゴールズ 片岡安祐美(かたおか・あゆみ、31)/熊本商業高校野球部時代、女子野球の世界選手権にも出場。萩本欽一監督率いる茨城ゴールデンゴールズに入団し、24歳でクラブ野球史上初の女性監督に就任(写真:本人提供)

 野球離れが進む一方、野球をしたくてもできずにきた人たちがいる。女性たちだ。環境の整備にともない、その競技人口が増えている。

【茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美さんの写真はこちら】

*  *  *
「たのむぞー!」
「みせてくれー!」

 シーズン真っただ中の女子プロ野球。この人がバッターボックスに立つとひときわ大きい声援が上がる。埼玉アストライアの強打者・川端友紀さん(29)だ。東京ヤクルトスワローズの川端慎吾選手を兄に持ち、小学校3年生のとき、父が監督を務めるリトルリーグで野球を始めた。

「初めて練習でキャッチボールをしたとき顔にボールがぶつかったんです。すごく痛かった。それを見て父は、私が野球をやめると思ったようですが、私はむしろもっとうまくなりたいと思いました」

 兄は子どものころから「甲子園に出て、プロ野球選手になる」という夢を口にし、実現していった。

 一方、川端さんは小学校を卒業すると野球を続ける道がなくソフトボールに転向。オリンピック出場に目標を切り替えた。ところがソフトボールは北京五輪後に実施競技からはずれる。高校卒業後、実業団に進むものの喪失感を埋めることはできず退団。スポーツ用品店で働き、2009年、女子プロ野球の第1回トライアウトを知り参加する。

「久しぶりにやった野球は新鮮で、楽しくて仕方ありませんでした」(川端さん)

 ソフトボールと野球は一見似た点も多いように見えるが、どれくらい違うものなのか?

「全く別ものです。野球の技術はプロになって一から身につけました。ソフトボールは反射的な判断や動きを多く要求されるのに対し、野球は若干の間があり、その駆け引きも大事です」

 スター選手として、女子プロ野球の人気を牽引してきた。昨年はプロ入り後、念願の初ホームランを達成。今シーズンは5年ぶりの首位打者を狙う。

「続く世代の子たちに憧れられるような存在になって、女子野球を引っ張っていきたいです」(川端さん)

 女子野球は1997年、鹿児島県の神村学園高等部に初の女子硬式野球部が創設され、10年、女子プロ野球リーグが誕生。以後、高校の女子硬式野球部は27校に増え、競技人口も軟式なども加えると約1万5千人いるとみられている。今年3月に発表された「小中学生の女子が将来就きたい仕事」(アデコ調査)では、野球選手がトップ10入りしている。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい