瀬戸内寂聴、友人への思い語る「あらゆる作家の悪口を言いながら、笑い転げるの」

2018/05/29 07:00

 5月15日で満96歳になった瀬戸内寂聴さん。最後の長編小説と銘打たれた『いのち』の中で、「生まれ変わっても、私は小説家でありたい」と語った。彼女にとって「生きる」ということとは?

あわせて読みたい

  • 【追悼】瀬戸内寂聴さんが遺した数々の言葉 「不倫なんて思ってないの」「欲や煩悩が尽きないのは当たり前」

    【追悼】瀬戸内寂聴さんが遺した数々の言葉 「不倫なんて思ってないの」「欲や煩悩が尽きないのは当たり前」

    AERA

    11/17

    瀬戸内寂聴「これが最後の長編小説になるかも」 自著への思い明かす

    瀬戸内寂聴「これが最後の長編小説になるかも」 自著への思い明かす

    AERA

    5/23

  • 作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    週刊朝日

    11/19

    瀬戸内寂聴さん「奥さまお手製のお昼をご馳走に」 不倫相手の娘と対談

    瀬戸内寂聴さん「奥さまお手製のお昼をご馳走に」 不倫相手の娘と対談

    AERA

    11/12

  • 瀬戸内寂聴「困っているのは、死にたいのに死にそうにないこと」

    瀬戸内寂聴「困っているのは、死にたいのに死にそうにないこと」

    週刊朝日

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す