竹内智香「正直、今現役続行と引退で心が揺れている」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「正直、今現役続行と引退で心が揺れている」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西川結城AERA#竹内智香
竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした

5度目の出場となった平昌五輪で(写真:本人提供)

5度目の出場となった平昌五輪で(写真:本人提供)

 平昌五輪では惜しくも5位入賞となったスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタートした竹内選手の日々の様子や思いをお伝えします。

【平昌五輪での竹内智香さんのプライベート写真はこちら】

*  *  *
 実はこの連載は今回が最終回になります。昨年にスタートして以降、これまで読んでいただいた皆さんには本当に感謝しています。この間には、連載の中でもたくさん話してきた平昌五輪がありました。金メダル獲得を目指した私の思いをここではさらけ出してきましたし、結果は5位に終わりましたが、それを受けての私の正直な思いも記させていただきました。どれもこれも、すべてが私の本音です。それを皆さんに共有していただけたことが、何よりよかったと思えることです。

 五輪後もすぐにヨーロッパでの転戦があり、それが終わり3月下旬に帰国してきてからはスポンサーや関係各所にあいさつ回りをしていました。お世話になった方々、私をこれまで支えてくれた方々とのふれあいを終えて、今、私は一人の時間を過ごしています。

 ここでは、落ち着いて自分自身と向き合える時間を持つことができています。そして、私は今後現役を続けるのか、それとも引退するのか。正直、今もそのはざまで揺れているというのが本音です。最後の連載で明かす、最後の本音になりますね。

 周りからは引退を引き留められることもあります。約25年間、五輪にして5大会、私は戦ってきた中で、これまでは競技を続けること自体が難しい時期もありました。ただ今は手放しで競技を続けられる環境が目の前にある。それは今回の五輪での私の姿を見て、いろんな人が心を動かしてくれたから。この状況であと10年競技ができればすごく幸せだなと思います。でも、逆にここまで最高の形で競技をやってきて、今の状態で現役を終えられるのも幸せだなとも思います。

 そして何より、私には他にもやりたいことがたくさんあります。メディアの仕事やスノーボード作りのビジネス、さらに競技の普及……。日本語には二兎を追う者は一兎も得ずという言葉がありますが、私は何兎でも追おうと思っています。

 この連載は終わりますが、今後はいろんなところで皆さんに目にしていただける私でいたいと願っています。やりたいことを全部かなえる。常識にはまることなく行動することこそ、私らしい姿。湿っぽい雰囲気ではなく、皆さんにはこれからもよろしくお願いしますという言葉を最後に残したいと思います。

 本当にありがとうございました!

(構成/西川結城)

AERA 2018年4月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい