間下このみが告白 息子の死で知った「不育症」との闘い

ヘルス

2018/04/01 07:00

 国民的子役スターだった間下このみさんは妊娠6カ月で死産を経験。その翌年、流産や死産の原因となる難病「抗リン脂質抗体症候群」と闘いながら長女を出産した。死産など、知られざる赤ちゃんの死の現場を取材した『産声のない天使たち』(朝日新聞出版)で、間下さんは赤ちゃんの命と向き合った日々を語った。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す