五輪連覇 羽生結弦の一言から始まった金メダルへの最強タッグ ブライアン・オーサーとの6年間

平昌五輪

2018/02/17 13:29

 羽生結弦(23)が平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得、66年ぶりの連覇を達成した。昨年11月のケガから見事に復活。その原動力となったのは、ブライアン・オーサー(56)との世界最強タッグだ。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦ソチのがむしゃらさとは違う金メダルの意味

    羽生結弦ソチのがむしゃらさとは違う金メダルの意味

    AERA

    2/28

    羽生結弦、五輪連覇へ…“不屈の精神力”を見くびるな!

    羽生結弦、五輪連覇へ…“不屈の精神力”を見くびるな!

    dot.

    2/15

  • 羽生結弦、北京五輪は「夢をかなえるために勝つ」 3連覇と4回転アクセルへの決意

    羽生結弦、北京五輪は「夢をかなえるために勝つ」 3連覇と4回転アクセルへの決意

    AERA

    2/3

    羽生結弦を鼓舞した“ハビエルのプレート”「あれを毎日見ながら…」

    羽生結弦を鼓舞した“ハビエルのプレート”「あれを毎日見ながら…」

    AERA

    3/21

  • 「最後は結弦が決めた」ブライアン・オーサーが語るロシア杯の裏側

    「最後は結弦が決めた」ブライアン・オーサーが語るロシア杯の裏側

    AERA

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す