東方神起の復活ライブ “露骨に”表現した二人の熱い思いとは? (6/6) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東方神起の復活ライブ “露骨に”表現した二人の熱い思いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
酒井美絵子AERA

東方神起は2004年に韓国で、翌年に日本でデビュー。ユンホ(左)、チャンミン(右)ともに15年から約2年間兵役に。17年に活動を再開し、現在、復帰第1弾シングル「Reboot」が発売中

東方神起は2004年に韓国で、翌年に日本でデビュー。ユンホ(左)、チャンミン(右)ともに15年から約2年間兵役に。17年に活動を再開し、現在、復帰第1弾シングル「Reboot」が発売中

 そして、こう続けた。

「世の中には、誰も気づかないくらい傷ついている人も多いみたいです。家族、恋人、友達、大切な人たちの手を握り、抱きしめ、慰めてあげてください。寒い冬には、そういう愛が必要です」

 すべてを終えてステージを降りる瞬間、ユンホの後ろ姿をカメラがとらえた。後ろを向いたまま、腕をぐるぐると回して叫ぶように言う。

「We are T ! みんなは俺たちのプライドだ!」

 ありがとう。私たちのプライドは東方神起──。そんなファンの心の声が聞こえた気がした。(ライター・酒井美絵子)

AERA 2018年2月5日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加